ブランドジュリエ paris通信 ー外出制限解除後の、パリのマルシェへ

外出制限解除後の、パリのマルシェへ!

5月11日、2カ月間に渡った
フランスの外出制限が、ついに解除されました!

まだ移動の制約は多く、
レストランや映画館も休業したままですが、
外に出るたびに許可証を携帯する必要はもうありません!

解除後初めての週末だった5月16、17日の土日は、
パリのサンマルタン運河沿いやヴァンセンヌの森など、
大勢の人で賑わったようです。
行政サイドとしては、
もうちょっと自粛してもらいたいところでしょうが・・・
仕方ありません。
自由を愛するフランス人がよく辛抱した、と、
私ですら思います。

私はというと、友達と会うようなお出かけはせず、
いつものマルシェへ行きました。
毎週日曜日の朝、野菜や魚を買っていたマルシェへ行くのも、実に2カ月ぶり。

蜂蜜屋さん、ハーブ屋さん、花屋さん、チーズ屋さん・・・
スタンドのみんなは、どうしているかな・・・

 

快晴の空の元、いつものマルシェに到着すると、
あら? なんだか様子が違います。
通常は、歩道の両サイドにスタンドが並び、
その中央を買い物客が歩いているのですが、
よく見るとスタンドが向かい合って並んでいません。

左側に並ぶスタンドで買い物をする人は
いつも通り中央を歩き、
右側に並ぶスタンドで買い物をする人は
車道(とは言っても車は通りません)を歩く、
新しい動線になっていました!

なるほど、
こうやって買い物客が密集するのを防いでいるわけです。よく考えられています!
加えて、並んでいる商品を感染から守るために、
スタンドにラップを張り巡らしたプロテクションも。
スタンドに立つ販売の人も、マスク姿が多かったです。

外出制限中、「解除後の世界がどうなるのかな」と、
想像しようとしても、全くノーアイデアでした。
つかみどころがない、というか、
うまくイメージできなかったのです。

でも、私がノーアイデアでぼんやりしている間に、
こうやって具体的な策を練っていた人達がいたわけです。
そう思うと元気が出ますし、とても励まされます。

 

もう1つ、励まされたことがあります。
それは、マルシェ広場の花屋さん。
花屋は政府が認める必要最低限に含まれず、
外出制限は中営業ができませんでした。

そこでこの花屋さん、
なんとオーガニック八百屋さんに転身し、
営業を続けていたのです。
たくましさと行動力、柔軟なアイデアに、
こちらまでポジティブになりました。
しかも、オーガニック八百屋として、
とても繁盛したのです。行動力の勝利です!

 

外出制限が解除され、
この花屋さんは八百屋として営業しているのだろうか?
それとも以前のように、花屋に戻ったのだろうか?

気になって見にいくと、
なんと花屋兼八百屋として
営業再開しているではありませんか!
新しいビジネスの誕生です!
「仕事内容が2倍になってお客さんも2倍になった分、
店のスタッフを増やしたの」と、お店の方。
つまり、以前にもまして繁盛している、というわけです。
素晴らしいことですね!

 

 

「フランスには石油はないが、アイデアはある」
オイルショックを受けて
サマータイム(夏時間)を導入した際の、
ジスカーデスタン大統領の言葉です。

フランス人気質を実によく表現していて、
私はこの言葉が大好きです。

困難に直面した時こそ、
その人の持ち味が発揮されるのかもしれません。
花屋兼八百屋さんには、
そんなフランス人気質そのものを見る思いでした。

 

日本の緊急事態宣言も、解除されたと聞いています。

まだまだ先は長そうですが、
日本人もフランス人も、機転を利かせてポジティブに、
この難局を乗り越えらますように。
どうぞみなさま、お元気で。

 

それではまた、アビアントー!

 
 

 Keiko SUMINO-LEBLANC
 パリ在住ライター・コーディネーター 日仏語翻訳者

1997年からパリに移住。
パリでの結婚・子育てを経て
フリーランスライター・コーディネーターとして活躍中。
食とライフスタイルを専門とするジャーナリストとして、
フランス、日本の数々の雑誌・メディアに寄稿。
また、翻訳家として単行本も共著。

keiko’s paris journal <パリ通信 – KSL> パリのライフスタイルを更新中

Share

PAGETOP