ブランドジュリエ paris通信 ーお家時間2ー

外出制限で感じる、花と緑の大切さ

この原稿を書いている本日5月1日は、メーデー。

フランスでは祭日です。
毎年この日になると、
路上にはすずらん売りのスタンドがあふれます。
5月1日は小さなブーケや鉢植えのすずらんを買って、
自宅に飾ったり、親しい人に贈ったり。
そんな習慣がフランスにあることを、
ご存知の方も多いかもしれません。

でも残念ながら今年は、
コロナウイルス対策の外出制限真っ只中です。
例年通りののどかな風景を、街で見かける事はないでしょう。

 

しかしそうは言っても、フランスの人々の生活から、
5月1日のすずらんが消えることはありませんでした。
デリバリーサービスで友人に鉢植えを贈る人や、
自分用にあらかじめ予約しておいて、
当日ピックアップ(テイクアウト風に)する人が多いのです。

 

私も先日ワイン屋さんへ行った際に、店先に
スズランの予約受付のお知らせを見ました。
花屋さんは、フランス政府が認める「必要最低限の店」には
含まれないため、現在休業中です。
それでも5月1日には、
みんなの暮らしにスズランを届けたい! と、
工夫を凝らしていたわけです。

 

前回のブログで、
インテリアの大切さ、花や緑の大切さを書きました。
外出制限というこれまで体験したことのない事態を経験し、
必要最低限の暮らしの中で、
いかに心の潤いが大切なのかを日々、痛感しています。
今、スズランの可憐な姿と華やかな香りに
癒されている人たちが、きっと大勢、
このフランス全土にいるはずです。

 

我が家には、先週届いた
季節の花のブーケが、今も美しく咲いています。
日仏フローリストユニットの「アトリエカーミン」が、
この外出制限中に始めたデリバリーサービスを利用しました。

 

 

(届いた花が、毎日表情を変えながら
長く楽しませてくれています。
シャクヤクは、鮮やかなフランボワーズ色から
優しい象牙色に変わりました。)

送料込みの40ユーロ(約5500円)で、パリ近郊で栽培される
季節の花のブーケを届けてもらえると知り、
すぐに利用しました。
新鮮な切り花の香りが、
日当たりのない30平米の我が家の気を、
一瞬でみずみずしくフレッシュに変えてくれました!
こういう時だからこそ、花を買って、本当に良かったです。

 

みなさんは、どんな毎日をお過ごしですか?
日本の緊急事態宣言は
フランスのようには厳しくないとは言え、
自粛を強いられ、気分が塞がりがちかも知れません。
庭やバルコニーのある方は、せっかくなのでガーデニングをしたり、テラス生活を楽しんだりされてはいかがでしょう。

ちなみに、フランスの調査機関のデータによると、
現在フランスで、
庭もバルコニーも無い住まいで外出制限をしている人は、
全体の13%だそうです。案外少ないですね。

庭もバルコニーも無い、私と同じ環境の方は、
小さなスズランの鉢植えを一つ、テーブルの上に飾っては?
気分は5月のフランス!
そんな力が、植物にはありますね。

どうかみなさん、御元気で。
この現状を出来るだけいい状態で乗り越えましょう。

 

 

それではまた、
アビアントー!

 

 Keiko SUMINO-LEBLANC
 パリ在住ライター・コーディネーター 日仏語翻訳者

1997年からパリに移住。
 パリでの結婚・子育てを経て
フリーランスライター・コーディネーターとして活躍中。
食とライフスタイルを専門とするジャーナリストとして、
 フランス、日本の数々の雑誌・メディアに寄稿。
また、翻訳家として単行本も共著。

keiko’s paris journal <パリ通信 – KSL> パリのライフスタイルを更新中

Share

PAGETOP