インテリアのカラーバランス

フランスのインテリアにかかわらず、
モダンな北欧風のお部屋やイタリア家具でそろえたスタイリッシュなお部屋でも
インテリアを考える際に一番大切なのは色のバランスです。

時々お店で、

『私はブランドジュリエさんのようなフランスのインテリアのお部屋にしたいから』

と白ばかりを選ばれる方がいらっしゃいます。
イメージとしては白って一番フランスらしいと感じられると思いますが、
こんなお部屋素敵って思われたお部屋の写真
冷静にもう一度見てください、結構濃い色入っています。

 

まず基本になる色70%、
そしてテーマになる色を25%、
残り5%をアクセントカラーとします。

まず基本になる色を決めたらテーマカラーに合わせた色合いにします。

 

基本色が白なら同じ白でもテーマカラーに合わせて白の色合いを変えます。
テーマカラーがグレーなら白でも少しグレイシュな白、テーマカラーがベージュなら少し黄みがかった白という具合です。

小さなカラーサンプルでは少し色は濃く見えますので、 大きな面で見ると、わっ!結構真っ白!なんてことにならないように、
なるべく大きな面でサンプルを作ってもらってください。

テーマカラーは一番自分の好きな色でほかの色との調和のとりやすい色が良いと思います。

お店などではちょっと思い切った色で冒険して印象付けるのも面白いです。
ブランドジュリエでは、この25%のある程度の部分、カーテンやテーブルクロスなどの布物で決めることをご提案いたします。
そうするとちょっと気分を変えたい時やイメージチェンジをしたいときに簡単に取替えることができます。
季節でカーテンやクッション、テーブルクロスをかけかえたら楽しいですね♪

アクセントカラーは今一番ホットな色、結構ビビッドな色でもいいですね。
ピンクにしたらロマンテック、オレンジやカーキならサファリ?キャー!!胸がときめきます!

オフジェ、絵、花器、分量の小さな物で色を統一します。
お部屋なので生活のいろいろなものが入ってきますのであまり神経質にならなくても良いですが、
自分のカラーを決めると、好きなものが見つかったときに買うか買わないか、どの色を選ぶかを決める重要な判断基準になります。
アクセントカラーはたとえ自分の決めたカラーと違っていても好きであれば案外フィットしますよってアドバイスしています。

好きかどうかというのも、バラバラな様でなぜかある種の統一性が出てくるものなんですね。
なので自分で決めたことに縛られすぎないようにしてください。

色が決まれば、家具を選ぶのもカーテンや小物を選ぶのもとてもスムーズになります。
なかなか買い換えたりリーニューアルしたりできるものじゃないですからこだわって、悩んでみてください。
出来上がったとき、当分の間ニヤニヤしてしまうこと請け合いです♪
飽きが来ず、面倒なお掃除やお手入れも楽しくなりますよ♪

Share

PAGETOP