ブランドジュリエ Paris 通信 ーサロン・デュ・ショコラ2019ー

パリのサロン・デュ・ショコラ25周年! 前夜祭でとらえた2つのトレンドは?

2019年10月29日、第25回サロン・デュ・ショコラの前夜祭へ行きました。

「サロン・デュ・ショコラ」というイベントを、皆さんもきっとよくご存知だと思います。

東京や京都でも開催される、チョコレートの祭典。

発祥は1995年、ルーヴル美術館のイベントスペースで行われた、ごく小規模なものでした。

今では世界7カ国で開催されるほどの大イベント、人気イベントに成長しています。

 

現在、パリの開催は、ポルト・ド・ヴェルサイユ見本市会場がステージです。

さすが本場は破格のスケールで、会場の面積はざっと2万㎡以上、世界60各国から500店舗以上が出店・・・

まさに、チョコレートの祭典ですね!

 

サロン・デュ・ショコラの見ものの一つは、ショコラティエたちが競い合うチョコレートの彫刻。

ニコラ・ベルナルデさんは、現代アーティスト、フランソワ・ポンポンのシロクマからインスパイヤされた、ホワイトチョコレートのシロクマを作成。

フィリップ・コンティチーニさんによる、25周年アニバーサリーパティスリー。こちらも巨大。

 

 

前置きが長くなりましたが、そんなサロン・デュ・ショコラの前夜祭は、日本のチョコレートファンにとっては夢!

私は幸運にもほぼ毎年足を運んでいます。

そして毎年、その年ごとのトレンドを発見するわけですが、今年の注目事項は2つありました。

まず1つめは、「日本勢の活躍」です。

日本のショコラティエやパティシエ、食品メーカーなどの出店スタンドが多かったことはもちろん、

フランスのメーカーとコラボをしたり、感じのいい和デザインのスタンドがしつらえられたり。

日本文化が大勢の来場者を惹きつけていました。

 

 

お茶の名産地、静岡県の「ななや」のスタンドは、三角屋根が目を引きます。

チョコレートはすべてホワイトチョコベースで、当然すべてお茶フレーバー。

フランス人にも人気の抹茶はもちろん、ほうじ茶や玄米茶のチョコレートも好評でした。

 

 

     

木の風合いが美しい、名古屋の「ショコラトリータカス」スタンド。

建具師が作ったのかなと思うほど、直線がきれいに整っていました。

そんな整然とした美に、フランスの人々は「日本」を感じるものです。

ピンクの浮世絵パッケージに入ったチョコレートは、なんと梅フレーバー!

お店の方によると、ごくほんのりと梅の香りを感じられるそう。

 

鎌倉の生チョコ専門店「カカオ」は、花やハーブ、果物を使った新作を発表。

それに合わせて、パッケージのデザインも花やハーブがモチーフです。

スタンドの演出にも、花がたっぷり! とても目立っていましたヨ。

和菓子の細工を実演していた三堀純一さんは、意表をついたビジュアル系の演出。

紫の髪に、マスク・・・ちょっとジャパン・エキスポのよう?

 

 

フランスの大手菓子メーカー「セモワ」は、数カ所にスタンドを展開する中で、こんな風に日本人職人とのコラボスタンドも。

 

 

日仏コラボで最も注目されたのは、「フィリップ・コンティチーニ」の新作スイーツです。

今年、パリのサロン・デュ・ショコラにはパティスリーも多数出店し、中でもフランスのパティスリー界の巨匠「フィリップ・コンティチーニ」の参加はこちらのメディアで大きく取り上げられました。

その「フィリップ・コンティチーニ」のスタンドで行列になったのが、日本人パティシエと共同開発したバウムクーヘンだったのです!

 

「え? バウムクーヘンって、フランスのお隣の国、ドイツの伝統菓子じゃないの?」

と思われますよね。

私も思いました。そこでよくよく考えた末に気づいたのは、これは日本のバウムクーヘンなのだということ。ドイツから日本に渡り、日本で進化した、洗練系バウムクーヘンは、ドイツにもありません。

今回、サロン・デュ・ショコラでパリ初披露となったフィリップ・コンティチーニのバウムクーヘンは、フランスのスイーツファンを魅了していました。日本人が追求した新食感の勝利ですね。

 

 

 

 

さて次に、今年注目したもう1つは、「グリーンの演出」です。

おしゃれだな、と目を引くスタンドはどこも、効果的にグリーン(観葉植物)を飾っていました。

 

 

「ジャン=シャルル・ロシュー」は、大小のグリーンを配したディスプレイ。

 

サダハルアオキの壁面庭園は、もはやトレードマークです。

壁面からマイナスイオンが届くような、この感じ・・・

パリで活躍するフラワーコーディネーター、濱村純さんが手がけています。

 

台湾のユウ・ショコラティエの花の演出は、舞台装置ほどに見事でした。

全て生花。分量にも圧倒されますが、大輪の花のクオリティーも素晴らしかった!

チョコレートには台湾らしさをプラスしていて、烏龍茶やごま油などを使ったものなど、面白かったです。

 

ベトナムの「マルゥ」は、パリ通日本人の間で大人気ですね。

オート三輪をカスタマイズした可愛らしいディスプレイは、かの地のプランテーションを彷彿とさせます。

実際、カカオのプランテーションで働く面々が、スタンドにいたのですよ! びっくりしました。

 

 

クリストフ・ミシャラク」の新作タブレットは、植物柄のパッケージがとても素敵。カカオの産地をイメージしたイラストになっているもよう。

グリーン・・・ディスプレイだけでなく、デザインにも多く登場していました。

 

巨大シロクマの彫刻を作った「ニコラ・ベルナルデ」のアドベントカレンダーも、ガーデンのイラスト。

やっぱりグリーンです!

 

このように、あちこちで目にしたグリーン。

立ち上げてまだ8カ月という、フランスの紅茶ブランド「アリックス・エ・サクラ」のスタンドも、グリーンが心地よかったです。

パッケージもグリーン!

 

 

 

チョコレートもパティスリーも、そしてお茶も、生活に彩りを添えてくれる大切なもの。

グリーンはそれらと同じです。

パリ、そしてフランスでは、インテリアとしてのグリーンや切り花が、ここ数年流行しています。生活に彩りを添え、心に潤いを与えてくれるグリーンを、私も積極的に取り入れたいと思いました。

最後におまけとして、今年初参加のパティスリーを2軒。

まずは、「ホテル・ルテシア」。

 

 

 

 

「ホテル・ルテシア」はブランドジュリエオーナーの中川さんもお気に入りの、パリ左岸の老舗ホテルです。百貨店ル・ボンマルシェのすぐそば。

続いては、「ヴェルシオン・オリジナル」。

パリ郊外、イシー・レ・ムリノーのショコラトリー&パティスリーです。

 



ジャン=ポール・エヴァンで働いていたパティシエとショコラティエが、独立オープンしたお店。オススメです!

 

もう一つおまけ。

「ル・ショコラ・デ・フランセ」は、お土産にぴったり

 

 

 

以上、パリのサロン・デュ・ショコラリポートでした。

それではまた、

ア・ビアン・トー♪

 

 

 

Keiko SUMINO-LEBLANC
パリ在住ライター・コーディネーター 日仏語翻訳者

1997年からパリに移住。パリでの結婚・子育てを経て フリーランスライター・コーディネーターとして活躍中。食とライフスタイルを専門とするジャーナリストとして、フランス、日本の数々の雑誌・メディアに寄稿。また、翻訳家として単行本も共著。
keiko’s paris journal <パリ通信 – KSL> パリのライフスタイルを更新中

 

Share

PAGETOP