アンティークについて

インテリアの一部にアンティークを取り入れること
住む人の人となりを表す
とても大切なエッセンスとなります。

フランス人にとってアンティーク収集は
趣味のようなもので、
週末の楽しみはマルシェで新鮮な食糧を仕入れ
蚤の市を見て歩くことが趣味になっているみたいです。

ベビーカーに子供を乗せて若いカップルが楽しそうに
蚤の市を散策するのをよくみかけます。
一言にアンティークといっても色々あって、
戸惑ってしまうことも多いです。
30年ぐらい前のユースドの物でも
アンティークと言って売られているのには、
どうかな?って、ちょっと考えてしまいます。

今だったら到底できないような
細かい細工が施されていたり、手の込んだ刺繍やカット等、
リメイクしても真似できないようなものに
出会ったときは本当に感動します。

たとえ少しぐらいの欠けや汚れがあっても、
それも年月を経た証として
そのものの一部として受け入れます。

美術品は骨董屋さんにお任せするとして、
インテリアにそういったものをちりばめることによって
そのお家が住む人の人となりや価値観を表現する場として、より深みを増し、生き生きと輝きます。

ブランドジュリエでは、
アンティークを選ぶ基準として2つのことを決めています。
100年以上前の物であること。
今から100年経った時、
やはりいまある輝きを持ち続けていられると思われる物。
他のお取り扱い商品すべて、
アンティークになり得る物というのをコンセプトに
セレクトしています。

たとえ新しくても古くても、
すべての物を同じ価値観で選んでいます。

Share

PAGETOP