シャンデリアの選び方

シャンデリア!永遠の憧れですね♪
必需品では有りませんが
インテリアの最後のコーディネートとしてプラスすると
とても空間が広がります。
今までなかったものを下げるので圧迫感がでないかしら、
お部屋が狭くならないかしらと悩まれる方が多いです。
ちょっと大きすぎたらどうしよう・・・・・
よくわかります。
他の家具でしたら、大体の大きさを今ある家具と比べて
想像すること出来ますが、
空間に物が入るのは想像力豊かな方でもイメージするのはとても難しいと思います。

でもどうぞご安心くださいませ。
鏡とシャンデリアは
少し大きめを選んでも圧迫感は出ません。
空間に奥行きが出て、かえってお部屋が広く見えます。
縦に高さを出すことは空間に奥行きが出て
とても落ち着いた安心感を与えます。

お店で扱っていますシャンデリアはオーダーする際に
大体はSサイズをオーダーしています。
やはり一般的に日本の天井は海外よりは低いので
Lサイズが合うご家庭は少ないです。
置きたい場所にちょうど良いサイズを決めるような方程式はありませんので、本当に感覚の問題になってきます。
天井高、部屋の大きさ、家具の配置など
いろいろな要素を加味して考えます。
照明器具を付ける際の
お部屋の面積に対するワット数の計算方法もありますが、
シャンデリアの場合は器具の大きさにによって
明るさが決まっているわけではありませんので
あまり当てはまらないことが多いです。

一般的な住宅の天井高は240cmぐらいなので
シャンデリアの器具の高さが70cmあると
それだけで床からの高さが170cmですから、
男性でしたら頭をぶつけてしまう方が多いので、
すごく小さなものしか取り付けることが出来ない場合が
ほとんどなんです。
そうすると10畳以上もあるお部屋に対しては
とても小さすぎてしまいます。
そういう場合、一番いいのは
ダイニングテーブルの上に低く下げてとり付ける方法。

とても豪華になって映えます♪
また、お部屋の隅に
小さなテーブルやコンソールなどを置いて
その上に取り付けても素敵です。
その際はかなり小さめの1灯から3灯ぐらい
ホントに小さなかわいらしいものを下げていただくと
素敵なコーナーになります。

シャンデリアはなくても生活できますが、
あるととてもお家時間が楽しくなり、豊かになります。

Share

PAGETOP