Paris通信

ベアトリス・ラヴァルさんのショップ«Le monde Sauvage» へ!


今回は、パリのマレ地区にあるショップへご案内♪
インテリアを楽しむ為のヒントが散りばめられていました。

Paris通信 ベアトリス・ラヴァル③
前へ
次へ

ベアトリス・ラヴァルさんのパリのご自宅を訪問!②


Le Monde Sauvageのデザイナー兼社長の
Beatrice Lavalさん。
自慢のキッチンと
気になるベッドルームのこだわりを教えてくださいました。

Paris通信 ベアトリス・ラヴァル②
前へ

オイルポット

  • 送料無料
価格 ¥ 18,337 税込
次へ

ベアトリス・ラヴァルさんのパリのご自宅を訪問!①


Le Monde Sauvageのデザイナー兼社長の
Beatrice Lavalさん。
「色の天才」の秘密に迫ります!!

Paris通信 ベアトリス・ラヴァル①
前へ
次へ

ガレット・デ・ロワ


1月のフランスといえば、ガレット・デ・ロワ!
この伝統菓子のない1月など考えられないというくらい、
パン屋さんのウインドーにも、スーパーにも、
ガレット・デ・ロワがずらりと並んでいます👑

Paris通信 ガレット・デ・ロワ
前へ
次へ

Bonne Année 2021 !


明けましておめでとうございます!

新しい年に希望を抱きつつ、
2021年を迎えられたことと思います。
まだまだ見通しの効かない状況は続きますが、
そんな中で私の出来ること、
皆さんの好きなパリの今をお届けしていきたいと思います。

Paris通信 Bonne Année 2021 !
前へ
次へ

雑誌「ボンシック」とコラボ!


インテリア雑誌「ボンシック」のインスタライブを、
パリから配信させて頂きました。
なんとこの大役、
実は当「Paris通信」をきっかけに実現したのです!

Paris通信 雑誌「ボンシック」とコラボ!

2020年、パリのクリスマス


試練の2020年も、いよいよ師走。
パリの街に、クリスマス飾りが登場しています🧑‍🎄

Paris通信 2020年、パリのクリスマス
前へ
次へ

10月のアルザス、
マスネ蒸溜所とリースリングの葡萄畑


今回お届けするアルザス日帰り旅行は、
2度の外出制限に挟まれた、10月の出来事です。
メゾン・マスネのご招待で、
蒸溜所を見学するプレスツアーに出かけました。

Paris通信 10月のアルザス
前へ
次へ

アドベントカレンダーの季節


コロナウイルスの影響で調子が狂いっぱなしの2020年も、もうすぐ年末。
例年通り、
アドベントカレンダーがお店に並び始めています。

Paris通信 アドベントカレンダーの季節
前へ
次へ

再ロックダウン確定!
だからこそ、パリ歩きの思い出を・・・


マクロン大統領が2度目の外出制限を発表しました。

最初の外出制限が解除された5月11日から、
2度目があることは想定内。
とはいえ、やっぱり、全然嬉しくありません!!

日本に暮らす皆さんは、
一体フランスで何が起きているのだろうと思いますよね。

Paris通信 再ロックダウン確定!

パリのフローリスト、
ステファン・シャペルのお店へ


近くへ行ったついでに、
遠回りをしても見ておきたい場所ってありますよね。
私にとってフローリスト「ステファン・シャペル」のお店は、そんな場所の一つです💐

Paris通信 パリの有名フロリスト
前へ
次へ

パリ郊外の畑、
ラ・フェルム・ド・ヴィルタンで収穫体験


秋晴れの月曜日、
フランス政府公認ガイドの友人から、嬉しいお誘い♪

パリ近郊の自分で収穫するスタイルの農園!
公共の交通機関で簡単に行ける農園があるなんて最高です!
パリ中心から約1時間で到着。そう遠くありません。

Paris通信 パリ郊外の畑で収穫体験
前へ
次へ

コートダジュールの夏 2020


バーチャル旅行の後編として、8月末のコートダジュールへ!
カンヌ、アンティーブ、ニースへお連れいたします。

Paris通信 コートダジュールの夏 2020
前へ
次へ

2020年夏、南仏ムージャン村へ


夏のパリ、フランス人、と言えば、やはりバカンスです。
今年は3月から5月にかけて、
約2ヶ月間の外出制限を体験したフランス国民ですが、
しっかりバカンスは楽しんでいました。

Paris通信 2020年夏、南仏ムージャン村へ
前へ
次へ

猛暑のパリ、ジャックマール・アンドレ美術館へ


世界中を旅して集めた美術品を展示する19世紀の大邸宅。
贅を尽くした当時の暮らしを
インテリアを通してお届けします。

Paris通信 ジャックマール・アンドレ美術館
前へ
次へ

パリの夏の風物詩、パリプラージュ
2020年も開催中です!


実に不思議な2020年にも、夏は巡ってきました。
現在パリは、バカンスムードいっぱいです。

コロナイヤーの今年の夏休みを、
フランス人はどう過ごしているのでしょうか?

Paris通信 パリプラージュ

7月6日再オープンしたルーブル美術館へ!


コロナ危機を受け閉館していたルーブル美術館が、
7月6日、約4ヶ月ぶりに来場者を迎えました!

人数制限、マスク着用、要予約とのことで
ニューノーマルがこんな所にも見られます。

Paris通信 ルーブル美術館
前へ
次へ

初夏のヴァンヴ蚤の市へ


蚤の市を見にゆくのは、本当に久しぶりです。
幸い天気に恵まれ、そぞろ歩きにはうってつけ!
人の出もほどよい程度に賑やかで、
掘り出し物探しにちょうどいい感じでした。

Paris通信 ヴァンヴ蚤の市
前へ

オイルポット

  • 送料無料
価格 ¥ 18,337 税込
次へ

パリの夏、テラスは今年も健在です!


パリは、アフターコロナの2020年夏ではありますが、
例年と同じように街のあちこちにテラスが登場し、
心からほっとしています。
今回は、パリの夏の風物詩であるテラスの様子をお届け🍹

Paris通信 パリのテラス
前へ
次へ

ギャラリーラファイエットが営業再開。
カフェのテラスも!


小さなブティックでも、感染症予防対策を徹底することは
難しい問題だと思いますが、
ヨーロッパ最大のデパートとなると・・・
想像を絶するものがあります。
どんな接客・販売スタイルが採用されているのか、
この目で見るために出かけました。

Paris通信 外出制限解除後の、パリのデパートへ
前へ
次へ

外出制限解除後の、パリのマルシェへ!


2カ月間に渡ったフランスの外出制限が、
ついに解除されました!

まだ移動の制約は多く、
レストランや映画館も休業したままですが、
外に出るたびに許可証を携帯する必要はもうありません!

Paris通信 外出制限解除後の、パリのマルシェへ!
前へ
次へ

外出制限で感じる、花と緑の大切さ


5月1日は、メーデー。フランスでは祭日です。
毎年この日になると、
路上にはすずらん売りのスタンドがあふれます。
小さなブーケや鉢植えのすずらんを買って、
自宅に飾ったり、親しい人に贈ったり…

Paris通信 お家時間2
前へ
次へ

おうち時間


快適な暮らしとは?
外出制限で、もう一度考え直しています。

Paris通信 家時間
前へ
次へ

新型コロナウイルスで外出制限中のフランス、
実はバカンス気分


新型コロナウイルス。
日本では年明けからずっと、大問題のまま解決しませんが、
フランスも悪化の一途をたどっています…

Paris通信 コロナウイルス

フランス内装テキスタイルの老舗


ピエール・フレイの新作展示会を訪問しました。

フランスで最も有名な内装テキスタイルメゾン。
フランスの高級ホテルや官邸で
ここのお世話になっていないところはない、と言えるくらい重要なメゾンです。

Paris通信 ピエール・フレイ

世界で最も美しい大通りのすべてを知る!


シャンゼリゼ大通りといえば、
誰もが知っている「世界で最も美しい大通り」。
広い歩道と、その両脇を埋め尽くす
高級ブティックやレストラン、そしてナイトクラブのリド! 

Paris通信 シャンゼリゼ展

アスティエ 新作発表会とソワレ


アスティエ・ド・ヴィラットのソワレに、
中川さんのお供として出席しました。
ブランドジュリエ社長の中川麗子さんは、
毎年1月と9月の2回、パリへ買い付けにいらっしゃいます。
その姿を追うリポートが雑誌『ボン・シック』で企画され、
取材を担当したのが中川さんとの出会いです。
もう何年前のことでしょう・・・

Paris通信 アスティエ 新作発表会とソワレ
前へ
次へ

フランス国立美術館のミュージアムショップ


美術館巡りは、パリ旅行の大きな楽しみの1つです。
そしてパリの美術館のミュージアムショップは、
お土産探しの宝庫!

今年11月、各美術館やクリエーターによるグッズなどを
一つの場所に集めた『ポップアップ』がオープンしました。

Paris通信 Pop Up Store ブティック・デ・ミュゼ
前へ
次へ

パリのデパートのクリスマツリー対決!


シャンゼリゼ大通りにイルミネーションが灯り、
デパートのウインドーもクリスマス一色に。
ギャラリーラファイエットとプランタンは、
「今年はどちらが好みかな?」と
比較されるのが伝統にもなっています。

そんなパリのクリスマスをお届け🎄

Paris通信 クリスマス
前へ